San Francisco & Yosemite N.P.

気づけば3月、前回の更新から1ヶ月以上が経っておりました。。
もうそろそろ春の声をききたいところですが、今日の東京はまだ冬のような寒さ。
午後には雪も舞っていて(すぐ止みましたが)、ちょっと目を疑ったところでした。

2月の中旬は、少し休みをいただき、サンフランシスコとヨセミテ国立公園へ行ってきました。
あわせて4泊6日のショートトリップ。サンフランシスコにはおよそ17年ぶりの再訪です。

サンフランシスコに到着後、空港でレンタカーを借り、まずはヨセミテへと向かいました。
車では片道約4時間くらいのドライブ。
途中には、とてつもなく広い果樹園があったり、たくさんの牛が点在している牧場が現れたり、
だんだんと森の中へと入って行ったり、周りの景色も飽きることがありません。

こちらは、ヨセミテ国立公園内の「トンネル・ビュー」というポイント。
ヨセミテ渓谷が一望出来る、園内でも人気のスポットです。
1944年にアンセル・アダムスという写真家がここで撮影した写真が、オークションで
3000万円以上の値がついたそうです!
yosemite01

この日は天候にも恵まれ、ほんとうに素晴らしい景色を眺めることができました。
写真でこの奥行きというかスケールが伝えきれないのが、なんとももどかしい感じです。

「マリポサグローブ」という場所にも立ち寄りました。
ここには巨大な木がたくさんあり、木と並んで写真を撮ると、ほんとに自分が小さく見えます。
森の中を少し散策し、木の匂いをいっぱいに吸い込んできました。
これはスプレーか?!(笑) というくらい、強い木の香りがします。
yosemite02

アメリカのドライブは大好きです。
いろんなFM局もあり、景色と気分とかかってる曲がばっちりな時は、かなりノリノリです♪
yosemite03

2日目の夜にサンフランシスコに戻り、残りの2日間は市内観光などを楽しみました。

いわずと知れた、フィッシャーマンズワーフ。ここも17年ぶり。
前回と同じく、丸いパンをくり抜いたボウルに入った、クラムチャウダーも食べました。
パンが少し酸味があるのも特徴です。
sfc01

ゴールデンゲートブリッジにも。
橋の近くには公園もあり、大きなオブジェがいくつか配置されていました。
海沿いの通りには(Marina Blvd.)、とても素敵な家々が並んでいて、歩きながら中をちらちら。
ディスプレイを見るだけでも楽しかったです。
sfc02

このくねくねの坂道も有名ですね。ロンバート・ストリートといいます。
ほんとに普通の住宅地の中にありますが、車が次々と降りてきていました。
その中には、車ではなく、セグウェイで降りていたグループも!
sfc03

観光どころ以外には、今回は、ミッションという地区にも行ってみました。
どこか中南米の雰囲気ただよう通りがあったり、ストリートアートがあったり、
洒落たレストランや、個性的な雑貨店があったり、かなりローカルなかんじだったので
ちょっとドキドキしましたが、楽しい散策になりました。

そして、忘れてはいけない(笑) ファーマーズマーケット!
ちょうど土曜の朝に行くことができ、フェリービルディングのマーケットに行ってきました。
お肉屋さんが出店している屋台で、美味しいホットドックを食べたり、オーガニックのりんごもつまんだり。
野菜などを買えないのは残念ですが(住んでいれば、ね!)、見て回るのもおもしろいです。

フェリービルディングの中には、ヒースセラミックスもありました。
HEATH CERAMICS
確かサンフランシスコにショールームがあるはずなのですが、これはまた次回のお楽しみにということで!
個人的にも、好きなラインナップの食器です。

あっという間の4泊でしたが、断片的な思い出がつながったり、新たな発見もあったり
そして大自然にも触れることが出来た、充実の旅行となりました。
例にもれず、よく歩き、バスや地下鉄、ケーブルカーにも乗って動いていたので、
またひとつ、自分の足で動ける街が増えたのもうれしいです。

ささ、なまけず、ブログも更新しなくては。。
引き続き、よろしくお願いいたします! :)

sfc04

sfc05

sfc06

sfc07

sfc08



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

About relish-shop
「お気に入りの食器で楽しい食卓を」 をテーマに 食器やテーブルまわりを始め 「食」にまつわることなど さらには レリッシュの好きな様々なものを綴っていきます

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。