ジャンクショー 2020.08

早いもので9月もなかばですが、8月の「ジャンクショー」の備忘録を。

新型コロナウィルスの影響で様々なイベントが中止になる中、久しぶりのジャンクショー 開催となりました。

今回は、出店ブースの間隔を開けて十分なスペースを取り、会場内も窓を開けての換気や、サーキュレーターを稼働させて、感染防止対策をしていました。

会場はとても見やすく、密も避けられていたのではないかと思います。

レリッシュも今年に入って初めての出店!多くのお客様にご覧いただき嬉しかったです。ご来場、お買い上げくださった皆さま、ありがとうございました!

今年の会場は、横浜の産業貿易センター。山下公園のすぐ目の前でした。
帰りがけに、久しぶりに山下公園に立ち寄り、ほっとひと息。海が見渡せて和める場所ですね。

============================
relish レリッシュ
– ラッセル・ライト専門店 アメリカンヴィンテージ食器と雑貨
www.relish-shop.com

部屋の模様替え

夏休みの間に部屋の模様替えをしました。
前々から壁紙をグリーンにしてみたかったので、DIYでそれを実行。
新しい食器棚も届き、ディスプレイスペースが少し充実しました。

まずは、テーブルと棚を移動。
テーブルの位置には白い壁紙、その他は、ちょっと柄の壁紙が貼ってありました。

白い所がテーブルの位置だったわけですが、棚を追加して横に移動。

テレビが古かったのもあり、この際、小さなサイズの新しいものに取替え。

テレビがあった位置に、新しい食器棚がきました。
古家具で、かなりお気に入りです♪

そして、壁紙をグリーンに貼り替え!
素人には大変な作業でしたが、無事完了です。(作業途中の写真があまりないという。。)
壁にローラーと刷毛を使って糊を塗り、壁紙を貼って、ブラシなどで空気を抜いて整えます。コンセントの箇所だったり、部屋の隅だったりが、結構難所。

アメリカの家をイメージした、このグリーンの壁紙。
予想していた通りの色合いとなりました。

壁紙が輸入取寄せとなり、1ヶ月近く待っていたので、壁紙を貼る前に食器棚が到着したり、ちょっと順番が前後しましたが、無事に部屋の片づけと模様替えが完了です!

記録用にブログにアーカイブしてみました。
糊から貼るのは大変だけど、糊付きの簡単な壁紙もあるので、模様替えは気分転換にもオススメです〜 😉

============================
relish レリッシュ
– ラッセル・ライト専門店 アメリカンヴィンテージ食器と雑貨
www.relish-shop.com

ラッセル・ライトのプレート&カップ

65755765_3303119396372238_2610122290876121088_o

ラッセル・ライトのディナープレートとカップを使って、朝食を盛り付けてみました。
カップ&ソーサーとしてコーヒーなどの飲み物を楽しむ他に、カップ単体でこのように使ってみてもいいですね。

色は「シャルトリューズ」。
“シャルトリューズ”は輝くような黄色のカラーで、フランスを代表するリキュールのひとつです。

ラッセル・ライト「アメリカンモダンシリーズ」
アメリカンモダンシリーズは、1939年~59年までSteubenville社で生産されていました。

134727896
ラッセル・ライト カップ&ソーサー

32453657
ラッセル・ライト ディナープレート

レリッシュのウェブショップでも商品をご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Russel Wright ラッセル・ライト(1904生~1976没)
1929年の大恐慌後、アメリカ的モダニズムの確立に大きな影響を与えた工業デザイナー 。 シンプルで機能的なデザイン、そして曲線を活かした食器には温かみがあります 。 ヨーロッパの装飾的なデザインが主流だった時代に登場したライトの食器は、カラーバリエーションも豊富で、それまでの「セット」とは違い、1枚からでも購入ができ、瞬く間にヒットしていきました。

============================
relish レリッシュ
– ラッセル・ライト専門店 アメリカンヴィンテージ食器と雑貨
www.relish-shop.com

.
.

にほんブログ村 雑貨ブログ アメリカン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ アメリカンコレクティブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
にほんブログ村

ヴィンテージフィードサック

62084586_3247869185230593_4199160796262957056_o

ヴィンテージフィードサックをウェブショップにアップしました。
以前は少し大きめのサイズを載せていましたが、今回は22cm×25cmの小さめのカットクロスに統一し、お買い求めやすくなっています。

このフィードサックは、元々飼料袋として使われていた大きな布袋をほどいてカットしたものです。
こんなかわいい図柄が飼料袋として使われていたんですね。

===========
Feedsack(フィードサック)とは1930年代~1950年代のアメリカで家畜用の飼料を入れる布袋として使われていた生地のことです。
1880年頃から木製や金属製の箱に替わり軽くて使い勝手のよい布袋が主流となり、飼料だけでなく小麦や穀物、砂糖なども布袋で販売されるようになりました。
当初は無地や社名のロゴ入りだった袋は販売促進の為プリント生地が増えていきました。1929年の大恐慌から1945年の第二次大戦頃まで倹約を余儀なくされた主婦の間で布袋は丁寧にほどかれカーテンや洋服、布小物にリメイクされました。 パッチワークの再流行もこの頃重なりフィードサックは大流行しました。
今には無いデザインや色使いやプリントでパッチワークやリメイクの手芸生地、コレクターアイテムとしても現在でも人気のある生地です。
(レリッシュ ウェブショップより)
===========

パッチワークにしてみたり、テーブルクロスや花瓶敷きに使ってみたり、ポーチを作ってみたり、いろいろと活用してみてくださいね。

relish  ヴィンテージファブリック でご覧いただけます。
https://www.relish-shop.com/?mode=cate&cbid=2408617&csid=0

============================
relish レリッシュ
– ラッセル・ライト専門店 アメリカンヴィンテージ食器と雑貨
www.relish-shop.com

.
.

にほんブログ村 雑貨ブログ アメリカン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ アメリカンコレクティブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
にほんブログ村

ラッセル・ライト 食器以外の楽しみ方

IMG_6806

こちらの写真は、あるインテリア雑誌で見つけた一コマなのですが、素敵だったのでご紹介です。(写真お借りしました)

ラッセル・ライトのカップに、植物を入れて飾っています。素敵なセンスですね。
柔軟な発想も参考になります。

実は、、ラッセル・ライトのカップ&ソーサーで、残念ながらソーサーが割れてしまい、カップだけが残っているものがいくつかあります。
また後日、カップだけでもご購入いただけるように、ウェブショップに載せれたらと考えていますので、もうしばらくお待ちください。

============================
relish レリッシュ
– ラッセル・ライト専門店 アメリカンヴィンテージ食器と雑貨
www.relish-shop.com

.
.

にほんブログ村 雑貨ブログ アメリカン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ アメリカンコレクティブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
にほんブログ村

パイレックス オールドタウンマグ&ディナーウエア pyrex oldtown mug & dinnerware

blog0603

お土産のクッキーを頂いたので、紅茶を挿れてちょっとひと息。
オールドパイレックスのマグ(オールドタウン)と、同じくオールドパイレックスのディナーウエアを使ってみました。違うシリーズでも、パイレックス同士合いますね。どちらもベーシックなデザインで、長く愛用できる食器たちです。

先日、学生時代からの友人たちと集まったのですが、香港のお土産にこのクッキーを買ってきてくれました♪ 香港へは、私はかれこれ17年くらい前になるでしょうか?!一度訪れたことがありますが、ぜひまた行きたいと思いつつ、なかなかたどり着けていません。。
アメリカへの買い付け旅もとても楽しいですが、あれこれ行ってみたい場所へも、ぜひ足を運んでみたいと思います!

パイレックスのマグカップは、こちらからウェブショップでもご覧いただけます。
ぜひチェックしてみてくださいね。
https://www.relish-shop.com/?pid=142295888
142295888

ひとまず、ベトナムと台湾へ行ってみたい今日この頃。
ブログにも旅行記を綴れるようになりますように!(笑)

============================
relish レリッシュ
– ラッセル・ライト専門店 アメリカンヴィンテージ食器と雑貨
www.relish-shop.com

.
.

にほんブログ村 雑貨ブログ アメリカン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ アメリカンコレクティブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
にほんブログ村

ヘーゼルアトラス ドットグラス

HA_IMG_6609

ヘーゼルアトラスのドットグラス。こちらはポルカドットという名前で、元はプラスチック製の蓋つきで、中にサワークリームを入れて売っていました。SとLの2種類あります。

今回レリッシュのウェブショップにアップした色は、イエロー&ブラック、グリーン&ブラック、ピンク&ブラックの3種類になります。

上の写真は、バナナミルクを入れてみましたよ〜
ポップな色合いがとてもよく合います。

ちなみに、、バナナミルク大好きな私は、バナナを買ってくると皮を剥いて冷凍庫に入れ、常備しています。朝食によく飲みますが、なかなかお腹の持ちも良いです。

ヘーゼルアトラスのグラスは、こちらのウェブショップでご覧いただけます。
relish / ヘーゼルアトラス
https://www.relish-shop.com/?mode=cate&cbid=959789&csid=6

キャンディストライプなどが人気のヘーゼルアトラス ですが、こちらに概要をまとめてみました。
=========================
ヘーゼルアトラス(1920年代~1970年代)
1902年、ヘーゼル社とアトラスグラス社が合併しヘーゼルアトラス社が誕生。
前身のヘーゼル社は、1885年ウェストバージニア州で設立され、のちにペンシルバニア州ワシントンに移転し、軟膏用容器の製作を始めます。フルーツジャー、ジャム、ケチャップ用などのガラス容器を作り、業績をあげていました。
フルーツジャー業界でトップになるため、1896年にアトラスグラス社を設立。その後二つは合併されます。
ヘーゼルアトラスは、動物や可愛いキャラクターがプリントされた子ども用の「チャイルドシリーズ」、縦にストライプが入った「キャンディストライプ」、階段状のラインが特徴的な「モダントーン」が代表的な製品です。
また、当時スーパーなどでサワークリームが入れられて販売されていた蓋付きの容器「サワークリームグラス」なども代表的なアイテムです。
1956年に食品容器会社コンチネンタル・カン・カンパニーによって買収されますが、裁判所がこの売却を認めなかったため、1963年まで販売は続きました。ディストリビューションはコンチネンタル社が担当し、この流れは1970年代まで続きました。

参照:「ミルクガラスウエアブック」ネコ・パブリッシング
=========================

始まりは100年以上前と、とても歴史のあるブランドですね。
今残っているものも、新しくても50年くらいは経ってるようです。
大切に、皆さまのお手元に届きますように♪

relish レリッシュ
– ラッセル・ライト専門店 アメリカンヴィンテージ食器と雑貨
www.relish-shop.com

.
.

にほんブログ村 雑貨ブログ アメリカン雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ アメリカンコレクティブルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
にほんブログ村